徒然245+

あれこれ戯れ言を…

*

音威子府へ

      2015/11/20

[`evernote` not found]
LINEで送る

青春18きっぷ、ラストの旅は音威子府。

廃止になった天北線の「上音威子府駅」が、駅名標を建てたと言うことで見学に行ってきました。

音威子府では、知人にいろいろと案内していただき、とても楽しい一日でした。

1) 札幌0600-0856旭川 925D 136.8km キハ40-1818
925Dまずは、定番の925Dで旭川へ向かいます。
朝イチにもかかわらず、結構な乗車率のこの列車…
いつまで続くのかなぁ?

黄色い絨毯光珠内を過ぎたあたりで、綺麗なひまわり畑が現れました…
ちょうど線路側に顔を向けていてお見事!

サボは裏返し札幌を出発するとき、ドア脇のサボ受けにはなぜか裏返しのサボが…

サボ復活滝川からワンマン運転になるので、その為のサボがあらかじめ用意されていたようです…
って、車輌中央のサボは滝川で交換されるので、どんな事情があるのでしょう?

2) 旭川0915-0935永山2-6 道北バス
バスで移動旭川到着後は、朝ご飯の駅そばを食べてすぐにバスへ…
って、乗り場が変更になっていて、ちょいと焦りました…

男山目的地は男山酒造。
立派な構えです。

庭園も綺麗池もある庭園があるんですね~
思い思いに休憩できる場所もあり、いい空間です。

試飲一通り見学した後は、もちろん試飲。
タイミング悪く「ハニャハニャ」の軍団が登場で、大変でした(^_^;)

3) 永山2-6 1038-1050永山2-19 道北バス
4) 永山1122-1231名寄 3321D 66.9km キハ40-832
比布駅跡名寄に向かう途中の比布駅…
話には聞いていましたが、駅舎が無くなって更地に…
って、なにも痕跡が残ってない!
道路からホームまで繋がっている感じで、駅らしくない…(・_・、)

5) 名寄1235-1337音威子府 4329D 53.1km キハ54-503
音威子府そば音威子府に到着したら、まずはお昼ご飯!
もち、駅の立ち食いそばです!

その後、友人と落ち合い…
今回の旅の目的地でもある、上音威子府駅跡へ向かいます。
線路跡が道路になっているという事で、そちらを通っていただきました… なかなか激しい道路です( ・_・;)

上音威子府駅無事に?上音威子府駅に到着。
石造りのホームがきっちり残っていまして、復元された駅名標がすばらしい!

その後、撤去されずに残っているという橋梁へ…
なかなか素晴らしいところです(^_^;)

残されている鉄橋かなりさび付いてはいますが、残っている橋梁。
なんと、橋桁の隙間をくぐるように木が生えています。
25年の歳月はものすごい!

筬島駅そして、音威子府町にある秘境駅訪問ツアー(笑)
まずは、筬島駅
咲来駅咲来駅

豊清水駅豊清水駅

6) 天塩川温泉1732-2020旭川 4334D-330D 121.5km キハ54-505
天塩川温泉駅天塩川温泉で友人とは別れ、一人温泉に…
ちょいとぬるめのお湯にじんわり使って、カラダをもみほぐし…
ビール一杯のんで、てくてくと駅へ…
板張りで、一両分もない長さのホームがステキ…

南下しますやってきたのは、キハ54-505
一気に旭川まで行ってしまいます。

7) 旭川2048-2221岩見沢 2284M 96.2km モハ721-13
8) 岩見沢2232-2314札幌 290M 40.6km
9) 札幌2337-2348新琴似 667M 7.2km

戦利品今回の旅の戦利品w
音威子府駅の硬券入場券、ガチャガチャで入手した、稚内桟橋の入場券(レプリカ)と、北見枝幸→問牧の使用済みきっぷ… これは昭和60年のきっぷだから、廃線寸前のものなんですね… 貴重です。

鉄道の乗車距離は、522.3km
このデータを書いていて気づいた…
札幌~旭川は136.8kmで、旭川~音威子府は129.3km、音威子府~稚内は130.1kmなんですね。
なんだか、音威子府が近く思えてきた…

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 -