徒然245+

あれこれ戯れ言を…

*

竹の露さん、酒蔵見学

      2015/06/06

[`evernote` not found]
LINEで送る

本日は、五城目吞ムリエ会の酒蔵見学…
って、吞ムリエ会会員にはなっていないのですが…
なべ駒、渡部さんの心遣いにより、ご一緒させていただきました。

登場!自宅近くの秋田テレビにて、待ち合わせ…
寒い中ボケーっと待っていると、大型のワゴン車が登場!
イッケーさん運転のレンタカー!
こいつで、鶴岡を目指します!
って… オイラは乗っているだけですが(笑)

竹の露さん竹の露さんにとうちゃく。
酒林が迎えてくれます。
まだ青いところも残ってますね…

仕込み水まずは、仕込み水を…
地下300mからくみ上げた水を、タンクに貯水しているとのこと…
酒だと思っていたタンクは水だった模様…
酒造りが始まると、取水量だけじゃ間に合わなくなるケースがあるので、ためているとのことでした…

全景取水タンクの全景…
一番奥の明るいところが水タンクです。
奥の6タンクが水用とのこと。

米米は、全量地元産を使っているとのこと。
といっても、ほとんどお二方の名前しか…(笑)
こうやって米も取っておくというのは初めて見ましたが、歴史を重ねていくのがいいですね。

寒河江さん案内は麹師の「寒河江」さん
山形駅から左沢線という路線があり、そこの途中駅に「寒河江」という駅がありますが・
そちらのほう出身なのかしら?

蒸し蒸し器は稼動していないものの、スチームが吹いておりました。
造るお酒により、工程が違うとの事。
蔵によって、独自の手法が工夫されているんですね。

麹室麹室は2階にあります…
造りの時期には、交代で泊まり込んで作業するようで、みなさんの白衣が干してありました。
木造のすてきな空間です。

麹室麹室は三部屋…
行程によって使い分けている感じ。
木のぬくもりを感じる部屋ですね… 奥が寝泊まりする部屋です。

米酒タンク酒の種類によって、保存場所が違います。
一番奥が、純米酒関係のタンクです。

ブクブク大吟醸系は別室で。
改良信交と出羽燦々がブクブクとやっていました…

ブクブクブクブクのアップ…
まだ、お米感がたっぷりありますが、ちゃんとブクブクしているんです…

ヤブタヤブタは、蔵名入り…
これまで、ヤブタ式の搾機は見てきたけれど、仕組みを説明してくれたのはこの蔵が初めて!
もろみを入れた袋を、右手から油圧で押して絞るのだと思いきや、袋状に見える処にゴムの袋があって、そこに空気を送って搾るのだそうな…
まだまだ勉強が足りないなぁ~!

試飲タイムさて!
お待ちかね、試飲タイム!
搾ったばかりというお酒も登場し、楽しみます…

いろとりどりテーブル右手には、カラフルなラベルのお酒…
時期限定・予約限定の生酒との事。
そして、お酒のイメージを和の色で表してラベルの色にしてるとな…
そんな思いとアイディアの説明をする女将さんです。

試飲リクエストに応えていただいて、オレンジラベルの「星あかり」のお酒を試飲
会長は白ラベルを指名しようとしたけれど、偶然に気があった三保ちゃんとともに、「会長!オレンジ!」と指名変更の一幕も!
そして、みなさんお買い物…
一通り注文したところで、女将から「これが旨いんだよ~」との発言を聞いて…
オイラを含め、数名が追加オーダー!
自分でも「弱いなぁ~」と思いつつも、皆がはめられて大笑いです!

記念写真最後は皆で記念写真。
あいにく雪が降ってきましたが、逆に雰囲気がでた写真です。

仕込み水最後かと思いきや…
おいしい水と言う事で、持参したボトルに水を分けていただきます。
これがね… あったかいの…
聞くと20℃くらいあるとの事で、ビックリです!
冬は暖房にも使える?www

お昼蔵見学のあとは、近くのおそば屋さんで、お昼ご飯。
差し入れのお酒とともにいただきます。
会長! 今日の挨拶は長すぎなくてバッチリ!www

雪ほのか差し入れのお酒は二本…
まずは「雪ほのか」
一般にはでないお酒との事で、おいしゅういただきました。
このラベルは… なべ駒さんの天井いき?w

にごり開栓濁りは爆発の可能性もあるので慎重に…
でも、意外と低めでしたw
折を混ぜるとちょいとブチュブチュいいだす程度

にごり白露垂珠の濁りは、ほんとうに濃い!
カルピスよりも濃く、牛乳にもにた色合い…
それでいて、サッパリとした口当たりは、面白いです!

帰路お腹もふくれたし、帰路へ…
一同、爆睡する前に記念写真です。
楽しゅうございました、勉強になりました…
一番楽しかったのは、往路にてなべ駒さんの壇蜜妄想話です…(謎)

 -